初心者でも人員募集している会社に受かる秘訣は?

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

初心者でも人員募集している会社に受かる秘訣は?

初心者が、実際にデザイン会社に入るにはどうすれば良いでしょうか?
人員募集している会社に受かる秘訣はあるのでしょうか?

 

 

入りやすい会社を探す

まず大事なのが、会社選びです。
おすすめなのは、従業員がたくさんいる会社です。

 

人がたくさんいる、ということは、
「それだけ人の出入りがある」と言うことです。

 

そういった会社は、人海戦術で進める仕事が多いです。
内容的にもキツくて、常に人手不足である可能性が高いです。

 

いろいろな媒体に、頻繁に人員募集の広告を出している会社が狙い目です。
素人でも、比較的簡単に入社することが出来るでしょう。
何せ、このマルヤマでも入れたのですから。

 

もちろん、仕事はキツいです。

 

でも、この業界、キツくないところなんてありません。
「キツい仕事は嫌だ」と思うならば、すっぱりと諦めましょう。

 

お給料などの条件も良くない場合が多いです。
でも、初心者なのですからそこは多少は目をつぶりましょう。

 

ある程度経験を積んだら、
もっと良い条件のところに転職すれば良いのです。

 

逆に、少数精鋭でやっている会社は、難易度が高くなります。
まず、人数が少ないので、新人を教育している余裕がありません。
「経験者を優先して採用したい」と考えているはずです。

 

小人数の会社に採用されなくても、ガッカリする必要はありません。
初心者を採用する方が少ないのです。
「ダメでもともと」という気持ちで、どんどん受けてみましょう。

 

 

「何でもやります」をアピール

求人欄の募集要項に"初心者O.K."と書いてない会社でも、
採用してもらえる場合はあります。

 

少数精鋭のデザイン会社でも採用したくなる初心者はいます。

 

面接で受かりやすくなるアピールポイントをこっそりと教えちゃいましょう。

 

まず、面接では「お茶くみ・コピー係など、何でもやります!」
という気持ちをアピールしましょう。

 

経験者やデザインの勉強を十分に積んできた人はプライドが高いです。
雑務や下処理の仕事は嫌がってやろうとしません。
現場では、意外とそういうことをする人材が不足しています。

 

「最初はどんな下っ端の仕事でもやります!」という熱意が伝われば
「こいつは便利そうだな」と思ってもらえます。

 

「何でもやる」というのであれば、車の免許があると少し有利になるでしょう。
都心部の会社でも「免許は無いよりはあった方が良いな」と思っています。
ギリギリの納期のときは、自分で持って行ったりしますから・・・

 

免許は必須ではないです。
あればいいかな、くらいなので、無理にとる必要は無いでしょう。
すでに持って人は、面接でさりげなくアピールしておきましょう。

 

そして、面接で必ず言わなければいけない事があります。

  • すぐ働ける
  • 残業もオーケー
  • 徹夜もオーケー
  • 休日出勤もオーケー

 

この4つをアピールすることです。
特に後ろの3つは重要です。

 

初心者の癖に定時で帰る奴は絶対に取りません。
休日出勤・徹夜も大丈夫と明言すれば、使いやすい人材と認識してくれます。

 

何しろこちらは素人の初心者です。
「頑張ります!」ぐらいしかアピールポイントはありません。

 

会社にとって「都合よく、便利に扱える人材だ」と思わせなければいけません。
面接では、具体的にどれくらい頑張れるのかをアピールすることが重要です。

 

"初心者歓迎"と求人欄に書いて人員募集をしている会社ならば、
極端な話、上の4点をアピールするだけで受かります。
相手にとって"都合が良い・使いやすい"と思わせるのが最大の秘訣です!

 

あとはやっぱり、美大生、もしくはその卒業生は優遇されます。