「やっぱりWebデザイナーになりたい」〜今からプロになる方法

MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

「やっぱりWebデザイナーになりたい」〜今からプロになる方法

今、別業界で働いているけど、やっぱりWebデザイナーになりたい!
と考えている人もいると思います。

 

「けれどもスキルも無いし、どうすれば良いのか分からない」

 

そんな人のために、デザイナーとして就職するまでの、
モデルケースを紹介して行きましょう。

 

 

5つのステップでプロのWebデザイナーになる

 

今の自分と将来について考える

まず、自分の年齢を考えてみましょう。
シビアかもしれませんが、年齢によって道筋は違ってきます。

 

自分では「何でも出来る」と思っていても、面接相手はそうは思ってくれません。
また、親もとから独立して暮らしている人や、家族がある人は、
生活していくだけのお金が必要になりますよね?

 

そういったことも踏まえながら、どうやってウェブデザイナーになるか
を考えて行きましょう。

 

10代〜20代前半

10代〜20代前半の若い人ならば、まずはセンスを磨く勉強をしましょう。
金銭・時間的に余裕があるなら、美術大学を目指すのが一番おすすめです。

 

1年くらいの受験勉強で受かる自信があるのならば是非挑戦してみましょう。
もし受からなくても、そこで学んだことは決して無駄にはなりません。

 

20代半ば〜30代前半

20代も半ばを過ぎている場合は、いますぐ転職しましょう。
迷っている時間はありません。
アルバイトでも何でも良いので、デザイン会社に入社して経験を積みましょう。

 

「ある程度技術を付けてから」と思っているのならば、
専門学校などのスクールに通うのも良いでしょう。
スクールについては、次のステップで詳しく説明します。

 

30代半ば〜

30を超えると、年齢的にとても難しくなってきます。
初心者だと、特に厳しいと言えます。

 

デザイナーは若い人が多いです。
歳をとったり、偉くなると、企画やプロデュースの方に回るからです。

 

とはいえ、絶対に無理というわけではありません。

 

デザインは未経験でも、それまでに培った仕事の経験があれば十分に武器になります。

 

デザインには使わないが、オフィス系のソフトなら完璧に使いこなせていませんか?
その他にも、特殊で専門的なソフトを扱った経験があるならば、
それをアピールすることで、面接を有利に進めることが出来ますね?

 

また、デザイン部門の他にも人材募集は行われています。
営業などを経験していれば、そういった部門に比較的楽に入社できます。

 

最初は営業職などのスタートでも、とにかくデザイン会社に飛び込んでしまう。
そこからの努力次第で、デザイナーになる道も開けてきます。

 

「デザイン会社で働いていた」という経験をアピールすれば
その次に、新しい会社にデザイナーとして転職することも
可能でしょう。

 

 

スクールに通う

デザイナーになるためには、今すぐにデザイン会社に入社するのが一番の近道です。

 

しかし、ある程度技術を身に付けてからデザイン会社に入りたい。
つまり「スクールに通って学ぶ」という場合を考えてみましょう。

 

まず、専門学校などのスクールには色々なコースがあります。
数か月〜半年のコースや1年以上のコース・スケジュールがあります。

 

できれば、1年以上のコースを選びましょう。
時間に余裕があれば、2年コースの方がなお良いでしょう。

 

会社や学校に通いながら学べるコースもあります。
勉強する時間は少なくなってしまいますが、うまくスケジュールをやりくりして、
できるだけ多くの時間を勉強に使えるようにしましょう。

 

スクールでは、技術を身に付けるのはもちろん重要です。
しかしそれ以上に"自分の作品を作る"ということが大事です。

 

スクールで学ぶのは、デザイン会社に就職するためです。
そのために、最高のポートフォリオを作ることが最終的な目標なのです。
とにかく、たくさんの作品を作りましょう。

 

 

自宅で練習

デザインを学ぶ場所はスクールだけではありません。
自宅で独学で学ぶことだって、もちろん出来るんです。

 

マルヤマも、完全独学で学びながらデザイナーになりました。
自宅と会社で、働きながら必死に勉強しました。

 

学校に通っていても、自宅での練習は大事です。
むしろ、そちらの方が重要です。
毎日8時間は、絵を描いたり、作品を作るために使いましょう。

 

仕事をしながら学習する場合は「自由になる時間は全て絵を描く」
ぐらいの気持ちで練習しましょう。

 

会社やスクールで、自由にデザイン・ソフトが使える時間があれば、
積極的に活用しましょう。

 

1分も無駄にしないように、常に"次は何をしよう"
という目的を準備しておきましょう。
パソコンの前に座ってから"さぁ、何をしようか?"ではもう遅いのです。

 

 

とにかく会社に入る

デザイナーになるために、まずは会社に入ってしまいましょう。
アルバイトでも何でも良いんです。
営業職からのスタートでも良いんです。

 

今すぐにデザイン会社に入ることを目指しましょう。
そうして"デザイン会社で働いた"という経験と実績を得ることが大事です。

 

入ったデザイン会社では、最低1年間は働きましょう。
半年やそこらで辞めてしまったら、転職しようにも次の面接で
「こいつはすぐ辞める奴だ」と思われてしまいます。

 

どうしても会社に合わなくて数か月で辞めてしまった時は、
諦めずに、また新しい会社に入るところからスタートしましょう。
大丈夫、何度でもやり直せば良いんです。

 

そこで1年以上の経験を積みましょう。

 

アルバイト中は、必至で勉強する事を忘れてはいけません。
スクールや学校に通いながら並行して働くことも出来ます。

 

専門学校に通う時も、できれば平行した方が時間を無駄にしないで済みます。
スクールに行けば、デザイン会社のアルバイトを紹介してくれます。
そういうものも積極的に活用しましょう。

 

 

転職する

経験を積んで自信を持ったら、転職しましょう。
もちろん、そのまま今の会社で働き続けても良いでしょう。

 

待遇や条件、仕事内容に納得がいかないのなら、積極的に転職するのも有効です。

 

転職で大事になるのが、ポートフォリオです。

 

今度は"経験者"として就職活動をすることになります。
自分の売りが何なのかをしっかりと考えましょう。
そして、その"売り"を最大限にアピールできる作品を作りましょう。

 

アルバイトなどで経験を積んで、次の会社に転職するまでには
どれくらいの時間が必要になるのでしょうか?

 

未経験からwebデザイナーになるなら、最低でも1年は下積みを覚悟しましょう。

 

もちろん、短期間でもみっちりと勉強をして、
「絶対に正社員として受かることができる」という自信を持つことができれば、
半年以下で転職を考えても良いでしょう。

 

派遣会社を利用するのも手段のひとつです。
就職活動をかなり軽減することが出来ます。

 

紹介先が合わなければ、辞めることも出来ます。

 

また、将来的に社員に登用してもらえるような紹介先もあります。
マルヤマも、派遣からそのまま社員契約となりました。

 

 

正社員になるまでの時間は?

ウェブデザイナーは、決して狭い門ではありません。
初心者でもO.K.の、雑務やアルバイトの募集は、今でもたくさんあります。

 

本当になりたいという気持ちがあるのなら、
少しぐらい待遇が悪くても我慢しなくては行けません。
何しろこちらは未経験の初心者なのですから。

 

マルヤマは全くの未経験から、2年半で正社員のデザイナーになりました。
いまなら、もっと短い期間で出来るはずです。

 

マルヤマの経験談を踏まえて、スケジュールを考えてみましょう。
まず、専門学校に通い、紹介されたデザイン会社でアルバイトをする。
並行して1年間スクールで学びながら経験を積む。

 

そのまま就職活動が上手く行けば、1年で正社員になれますね。
派遣会社で半年ほど働き、紹介先に就職しても、1年半ですね。
もちろん、そこからさらに転職するのも有りだと思います。

 

とにかく大事なのは、今すぐ行動することなんです!!